鬼首山学校

回り込み解除

今日は所用で鳴子に出かけた折に、川渡地区にある農家レストラン『土風里(どっぷり)』さんにお邪魔しました。というのも、本日15日から3日間限定でオープンした里山カフェで、ランチをいただくためです!
白い割烹着姿が清々しいスタッフの方々がパタパタ働いていて、古民家を改築したレストランの内装とぴったりいい雰囲気♪来る途中、渡ってきたばかりの白鳥たちが餌を食べていた田んぼの風景を窓から眺めていると、さっそく料理が到着。野菜を中心とした里山料理、落ち着いた風情があって、見ているだけで美味しそうです。もちろん食べたらもっと美味しくて、もう「うまーい!うまーい!」を連発(笑)
ごはんはひとめぼれの新米、お味噌汁は土風里さんの自家製味噌。やばい。どちらも美味しすぎ。野菜の煮物に使われている大根は、鬼首の高原で作られている、髙橋宏幸さんのくらま大根!
雑味が一切なく、甘くてやわらかいのです。示し合わせたわけではないのですが、我々が訪れた際、偶然にも宏幸さんご夫妻とお友達がいらっしゃいました。奥様、カメラを向けると恥ずかしがってしまいましたが^^
雪の中から掘り出したという大根の煮物、宏幸さんも、お料理上手の奥様も満足のお味だったようです♪お漬物の横に添えられたピーマン味噌がまた美味しくて、ごはんが進みます。器が素敵なのですが、こちらは栃木県在住の陶芸家・酒井蘭子さんの品々。
九谷で修行したという彼女の作品は、重すぎることなく普段の食卓に溶けこむやわらかさがあり、料理をそっと引き立ててくれるようです。校長もいちいち満足しながら召し上がっておりました^^
デザートにはゴボウショコラケーキとサツマイモ団子のお汁粉を。
ゴボウショコラケーキ、ショコラなのにゴボウの味も消えることなく共存していて、非常に美味。
お汁粉もやさしい味で、もう一杯食べたいくらいでした♪物販コーナーもありますので、ちょっとしたお土産を買うこともできます。
鬼首からは菜種入りしそ巻き、味噌漬け、古代米茶&古代米ドレッシングが並んでおりました。酒井さんの作った巨大な湯飲みに一目惚れした校長。ご満悦の様子です(笑)
お腹も心も満たされた、とっても気持ちのいい時間を過ごすことができました!
土日は混み合いそうなので、ゆとりを持ってお伺いください。完売でしたらすみません^^;
  • comment
    form

  • コメントの投稿

回り込み解除

secret

  • trackback
    form

  • トラックバック

回り込み解除


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

Author:鬼首山学校
廃校となった元・鬼首中学校木造校舎を利用し、イベントや体験をとおして鬼首の緑豊かな自然と人々をつなぐ、そのお手伝いをしています。

最新記事

行事予定

6/17~18 食楽まつり
7月中旬 カムロブルーベリー園
7/30 集まれ鳴子ダム

お知らせ

山学校Facebookページでは、ブログのこぼれ話や裏話などなど、日常の様子をゆるくお伝えしております♪ ⇒ 山学校Facebook

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

リンク

広告

検索フォーム

QRコード

QR

天気予報

アクセス