鬼首山学校

回り込み解除

一足飛びに冬が来た鬼首。
急遽タイヤ交換をした方も多数のようです。
もう少し晩秋の風景を味わっていたかったところですが、白い季節の到来となりました。

さて、先日『山の文化祭』開催のお知らせをしたところですが、その文化祭の中で、鬼首の木地伝統を今に伝える『木魂(こだま)の会』の皆さんによる実演コーナーがあります。
そちらに登場する、木地師・高橋昭市さん、桶職人・金田孝一さん、こけし工人・遠藤孝志さん、3名の匠をご紹介していきたいと思います。

第1回目は木地師・高橋昭市さんです。
木地師(きじし)を簡単に言いますと、「轆轤(ろくろ)を用いて椀や盆等の木工品を加工、製造する職人」(フリー百科事典ウィキペディアより)のことです。
高橋さんのご自宅にお邪魔させていただき、入ってまずビックリしたのがこれ!壁に取りつけられた棚の上に、木椀がびっしり!圧巻です!
そして作業場へ。これは電動ノコギリ。
材料の木を、作るものによって適度な大きさにカットするのですが、刃がものすごいスピードで回っているので、私は見ていてビクビクでした^^;脇には加工されるのを待っている材料がたくさん置いてあります。作業風景を見学させていただきました。様々な道具を使い分けて、木を削っていきます。木目が美しい、針刺しの置き台。小物入れにもよさそうです♪椀や大きい木工品は別のろくろを使用。
いずれにしても、長時間じっと作業する、その集中力は凄まじいものがあります。なんとなく、そこにあるだけでほっとする木の器たち。
触れたときのあたたかさは、木製ならではの感触ではないでしょうか。ちなみに、高橋さんのお宅の下側には、山から転がってきたという大岩が祀られています。
手を合わせている校長と比較すると、その大きさがわかるかと思いますが、実際目にすると圧倒の一言です!
  • comment
    form

  • コメントの投稿

回り込み解除

secret

  • trackback
    form

  • トラックバック

回り込み解除


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

Author:鬼首山学校
廃校となった元・鬼首中学校木造校舎を利用し、イベントや体験をとおして鬼首の緑豊かな自然と人々をつなぐ、そのお手伝いをしています。

最新記事

行事予定

5/27 やまが旬の市開店
5/27 鬼首ワンデーマーチ
5/28 禿岳山開き
6/4  鬼首運動会
6/17~18 食楽まつり
7月中旬 カムロブルーベリー園
7/30 集まれ鳴子ダム

お知らせ

山学校Facebookページでは、ブログのこぼれ話や裏話などなど、日常の様子をゆるくお伝えしております♪ ⇒ 山学校Facebook

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

リンク

広告

検索フォーム

QRコード

QR

天気予報

アクセス