鬼首山学校

回り込み解除

今日は青空が広がっています、鬼首。暖かい日があっても、日射しがあっても、中々雪は無くなりませんが(:-<)

昨日も大きな余震がありました。

鬼首山学校の事務室に一人で仕事の午後。
毎日余震はありますが、大地震当日と同じ状況下の大きな揺れは、その時を思い出し、一層、緊張します。
さすがに勉強したので、慌てず、まずストーブを消し、ドアを開け、安全な場所で待機・・・避難の必要は無さそうなので、ラジオをつけて様子を伺う。
何事もなく、幸いでした。

 正直、この実害の殆ど無い鬼首に住む大人の私でも、まだまだ怖いです。
非常用の持ち出し袋は玄関に置いてありますが、小さな物は未だ毎日持ち歩いてしまいます。

今日から4月。
一昨日、4月号の大崎市広報や「おにこうべだより」が届きました。
震災についての記事は痛ましくて、どうしても目をそむけたくなりますが、教訓や告知など大切な事が含まれているかと思うと、読まざるを得ません。

その配布物の中に、「東北・関東大震災救援物資のお願いについて」という、鬼首地域づくり委員会・鬼首女性ネットワークからのお知らせが。

それに具体的な支援先と、要望される物資について品目やサイズ等の指示、さらに「使用済みのものでも結構です」とありますが、実際どの程度のものが入り用なのか分からず、とりあえず昨夕、収集場所を訪ねてみました。
始まってまだ1日目ですが、随分と集まっています。物を見せていただきながら支援先や、必要物資について詳しい説明を受け、帰宅。

物資の支援も、距離が近い方が早いし、燃料は使わないし、現状が把握しやすく、要望に迅速に応える事ができるでしょうし・・・でも、何より、「今、必要な物を、今、必要な場所へ。」
それは正確・確実な情報、指導者の下、適切に行われなければ協力にはなりませんよね。

早速、探してみましたが、一人暮らしで転居ばかりしている為、荷物が少なく(:-<)
頂いた物や、押し入れにある物は、今の私に「必ず要る」物ではない。という考えで集め、洗濯済みであることは勿論、せめて綺麗にたたんでみましたが・・・どうだろう?詳しい説明を受けても、「物資の支援」とは、それぞれ考え方もあり、やはり難しいです。


今朝は揃えた物を届けるために、再び鬼首基幹集落センターへ。通勤途中の為、昨日同様、開館時間外にお邪魔してしまいました。すみません(:-<)ここは、いつもご親切な対応で、伺うのが楽しくなるセンター、公民館です(:->)

因みに、この集落センター前には、この地区に住む方の共同浴場があります。鳴子温泉地域の方々は温泉に入浴することを、とても大切にしているように思います。
これも、鬼首で生活していく内に発見、驚いたことの一つです。

温泉は、その効能は勿論、地域資源の有効活用でもあり、エコでもあります。

今、沢山の方が大変な中で、ゆっくり温泉に浸かって・・・とは、贅沢な事に思われるかもしれません。
しかし、特に被災地の皆さま、心身共にご自身の健康を保つことは、全ての基本であり、最大の協力だと思います。

「すぱ鬼首の湯」は、少しでもお役に立てたらと、温泉を無料開放しております。
心も体も癒しに、是非ご利用いただきたいと思います。

すぱ鬼首の湯、詳細はこちらのページをご覧ください。

また、すぱ鬼首の湯では、洗濯機が2台設置されております。
1回200円です。乾燥機はございませんが、こちらも是非ご利用ください。
お待ちしております。
  • comment
    form

  • コメントの投稿

回り込み解除

secret

  • trackback
    form

  • トラックバック

回り込み解除


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

Author:鬼首山学校
廃校となった元・鬼首中学校木造校舎を利用し、イベントや体験をとおして鬼首の緑豊かな自然と人々をつなぐ、そのお手伝いをしています。

最新記事

行事予定

7/10 カムロブルーベリー園オープン
7/30 集まれ鳴子ダム

お知らせ

山学校Facebookページでは、ブログのこぼれ話や裏話などなど、日常の様子をゆるくお伝えしております♪ ⇒ 山学校Facebook

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

リンク

広告

検索フォーム

QRコード

QR

天気予報

アクセス