鬼首山学校

回り込み解除

クルクル、ナミナミ、窓に模様ができています。今日もフルフル鬼首ですが、昨日はヒドイ吹雪でした。
吹きだまりに住む私の南側の窓は、またもや全面が雪に覆われています(:-<)
ガンガン吹き付けて、窓枠に近い程、厚い雪の円ができてます。
窓と屋根に積もる雪はこのような状態(:-<)解けなくて、全然、下に落ちてこないのです。
家は揺れるし、あぁ、外に出たくない、出られない、ど吹雪(:-<)
「ど」を多用するのは、うちの方言かな?
ひたすら風が止むタイミングを待っていた昨日でした。

窓枠も、この程度の雪なら、窓は軽く開くのです。鬼首山学校、昨日も地域の皆さんによる大除雪のお陰で、嬉しい通路ができています(:->)
しかし1月に2度も大除雪をしなければならない年は珍しく、困った年のようです(:-<)

今朝も一晩でガッツリ積もって、あぁ毎日、毎日、雪かきのやりがいがある積雪量です。
屋根が、軒が、窓が、本当に心配なのですが、どうにもできなくて、気温が上がって窓が開いた時だけに、雪を落とすのが精いっぱいな私です(:-<)

山学校は、皆さんの多大な協力もあり、随分、安心に思います。今日も颯爽と登場!ありがとうございます!
働く車、って本当にスゴイよな~と今更ながら、感動します!

パワーと機能と・・・どういう仕組みで動いているのだろう?
何ができるのだろう?まず、この車は何?雪をガ~ッと どけていって、除雪の山に持ち上げて、タイヤで動いている。
・・・ホイールローダーの仲間かな?バックホウやクラムシェルは習った覚えがあるのに、ブルドーザなどのトラクター系は名前すら、さっぱり???

すご~い!一気にすっきり!
雪国で働く車は色々あるんだな~と、鬼首に住んで初めて知りました。
「砂箱」という存在に気付いたのは数年前。しかも三重でしたが、「除雪車」は東北の、雪が積もる地域に暮らしていても、出かけても、出会ったことがありませんでした。何故だろう?
今もロータリ除雪車を道で見かけた時は、後を追いたくなる位、興味津々です。

働く車に、随分、頼って、助けられて生活が成り立っているのだと、深く実感します。

あれ?雪国特有でもない、建設機械でもない働く車・・・例えば、消防車の色々を説明できるかと言われたら・・・?(:-<)

あれ?バスも働く車だな。タクシーも・・・乗用車も仕事に使えば働く車・・・???
どうやら、車全般に非常に疎い私です(:-<)
  • comment
    form

  • コメントの投稿

回り込み解除

secret

No title

はじめまして。除雪作業、本当にお疲れ様です。雪景色は美しいですが、この作業を怠れば押しつぶされてしまうんですよね。参考になりました(^^)

No title

今も除雪を切り上げて机に戻ってきましたが、山学校生徒たちは屋根の除雪中です。押しつぶされそう?な様子は後程。

他の類の大きな除雪車も紹介したいのですが、簡単には出会わないのです。
雪の酷い日の朝3時・4時に部屋の前で待ち伏せするか、ひたすら町内を歩くか、除雪ステーションにお邪魔するか・・・?

除雪ステーションも鬼首に来て初めて知った施設なのでご紹介したいのですが、秋田との県境に近い方にあるので、中々、普段の生活では前を通ることはありません。

因みに、除雪ステーションは独特の雰囲気で、一度覚えると、他の地域に行っても、例え除雪車や看板が無くても、あ!これは除雪ステーションだ!と分かります(:->)

  • trackback
    form

  • トラックバック

回り込み解除


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

Author:鬼首山学校
廃校となった元・鬼首中学校木造校舎を利用し、イベントや体験をとおして鬼首の緑豊かな自然と人々をつなぐ、そのお手伝いをしています。

最新記事

行事予定

6/17~18 食楽まつり
7月中旬 カムロブルーベリー園
7/30 集まれ鳴子ダム

お知らせ

山学校Facebookページでは、ブログのこぼれ話や裏話などなど、日常の様子をゆるくお伝えしております♪ ⇒ 山学校Facebook

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

リンク

広告

検索フォーム

QRコード

QR

天気予報

アクセス