鬼首山学校

回り込み解除

今日はしっかりした風が吹きます、鬼首。日射しは強く暑いですが、風の温度が秋の訪れを感じさせるような・・・お盆が過ぎたら、夏が終わる準備かな~?淋しいな~(:-<) アッ!鳴子温泉郷、ブルーベリー摘み取り園も終盤ですよ!急いで行かなきゃ!

昨日の16日は送り盆でしたが、夕方も鬼首商店街はいつも通りなので、帰り途中に様子を伺ってみました。
「この辺りは、お墓をお参りして、火を燃やして終わりかな」
・・・やはりお墓参りは欠かさないのね。鬼首地内でも色々と違うのだろうな。と、しみじみ思ってお別れした後、遠くに、普段は見かけない焚火の様に勢いの良い火と複数の人影が。
エッ?まさかアレが?・・・しまった!伺い忘れました(:-<)
校長、送り盆では何を燃やすのですか?
「稲藁が多いと思いますよ」
それは勢い良く燃えそうです。棚に使ったものやお供えを燃やす事はないのですか?
「? お供えは燃やしませんよ(:-<)」
・・・食べ物は美味しく頂くのでしょうけど(:-<) 盆棚は木を使うのでしょ?先日、全く理解できない私に困った校長からバトンタッチされた理事の図によると葉っぱのついた、竹やハンノキやホオノキなどを2本、門型に立てて、トマトやキュウリなどのお野菜を吊るして、蝋燭やお供え物などを棚に飾るそう。・・・何となく分かりましたが、相当大きい物なのですか?
「・・・実物を見た方が良いです。」・・・校長のお宅は?
「普通です」・・・だから、鬼首の普通とは何ですか?の質問がもみ消される程、「エ?お宅も やらないの?」で、話が盛り上がり・・・中々お目にかかるのは難しそうだな・・・(:-<)

鬼首のお盆は、皆さん、お正月の様な慌ただしさ。とても、この疑問の為だけにお邪魔する事は勇気がいって、不躾なお願いを~
ありがとうございます!「盆棚」とは非常に趣があるものですね・・・。(グレーの背景は私の小細工です。)
やはり全く違います。私の思う盆棚は、大きく華やかな祭壇ですから。
本当にお野菜が。実は、図による丁寧な解説を受けた後に、他の方々にも、先の絵が鬼首スタンダードか確認した所、
「そうそう!・・・うちは他と違って、野菜がささげと・・・」・・・ポイントは吊るすお野菜ですか?
「・・・芸術的な絵ではあるけど、こんな感じかな?棚は雛段の様に・・・」
と其々に、様々な説明を受けた私でも、写真はかなりイメージが違いました。
図解に満足しないで良かったです(:->)

毎年こんなに盛大にするのは大変でしょう。もっと簡易な形は無いのかな?

ところで、校長の「普通」とは、普段通りという意味ですか?
「勿論、飾りますよ。紐を渡して、野菜を吊るします。」
・・・棚を作らないという事ですか・・・。棚を省くと、お野菜が残るのですね。それも私から見れば、全く「普通」ではありませんよ。
見て確認しないと分からない事は沢山あるな~と改めて思ったお盆でした(:->)
  • comment
    form

  • コメントの投稿

回り込み解除

secret

No title

盆棚、おもしろいね~。かわいい感じ?全国的に盆棚比較したら面白そう。ささげが近所(京都)のスーパーで売ってるささげとは形状が違うみたいで、それも面白いな。来年のお盆時期にはスーパーでお供え物チェックしてみるね!
わたしも盆棚=回転する綺麗な電飾提灯。なイメージよ。鬼首の写真眺めてたら飛んで行きたくなったよ~。

No title

飛んできてください~、待ってます~(:->)
鬼首で「ささげ」を頂くと、例えるならインゲンマメのような・・・大きく実が入ると平たくて、硬くて、20センチ強かな?の物です。
最初はビックリして、これはササゲ?ササギ?・・・と不思議に思って食べていましたが、恐らく、その京都でお盆にお供えする「ささげ」は、私が思うマメです。
何十センチあるのかな・・・束ねてある状態は遠目なら、マメと言うより蔓です。とにかくすご~く長い。鬼首の盆棚には飾ることができませんね(:->)
京都はささげを、どうやってお供えするんだろう?
伝統行事は、実際に中に入って体感しないと分からない事が多いですよね。非常に気になるけれど、全国を比較する日は遠いな~。お盆行事は、地域性の他に宗教も絡むだろうから、かなり様々だと思います。
このブログをご覧になっている方々、盆棚に限らず、ご自身の地域の話をお聞かせ下さいね

  • trackback
    form

  • トラックバック

回り込み解除


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

Author:鬼首山学校
廃校となった元・鬼首中学校木造校舎を利用し、イベントや体験をとおして鬼首の緑豊かな自然と人々をつなぐ、そのお手伝いをしています。

最新記事

行事予定

10/8 やまが旬の市感謝祭
10/22 鬼首ワンデーマーチ

お知らせ

山学校Facebookページでは、ブログのこぼれ話や裏話などなど、日常の様子をゆるくお伝えしております♪ ⇒ 山学校Facebook

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

リンク

広告

検索フォーム

QRコード

QR

天気予報

アクセス