鬼首山学校
  • 2013年06月

回り込み解除

回り込み解除

天気予報では曇りか雨かとても微妙なところだったのですが、強い祈りが神様に届いたようで、『おおさき食楽まつり2013』両日ともに晴天に恵まれ、多くのお客様で賑わいました!会場に所狭しと並んだテントでは、海から山からさまざまなグルメ、手作り雑貨や体験コーナーなどなどなど、たくさんのお店が軒を連ねました。もちろん、さとうムネニクさん starring 山学校校長も総合司会として大活躍!
おもしろトークで会場を盛り上げます♪宮城県のゆるキャラといえばこのおむすび、”むすび丸”や大崎市の新キャラ”パタ崎さん”も駆けつけ、食楽まつりを応援してくれました\(^^)また岩出山高校の学生さんたちも、ボランティアでアンケート調査、抽選会場のお手伝いやチラシ配りにポップコーン作りと、いろいろな面で大いに動いてくださいました。
二日間、暑くて疲れもたまったことでしょうが、高校生の皆さんが一生懸命働いているところを目にすると、我々大人もがんばろうと身が引き締まる思いでした!抽選会ではなんと!こんな立派なマグロまでが景品に!!もちろん1本そのままプレゼントですよ~すごい!!
当たった方はきっとマグロ祭りだったことでしょうね!(^^)!えー残念ながらマグロは当たらなかったので炭火焼の鮎を食べるムネニクさんです。。。これはこれで美味しいですよね!

食楽まつり2013公式来場者数はなんと8,000人!
去年の5,000人を大きく上回る数のお客様にお越しいただきました!
来年はどんなグルメが楽しめるのか、今から期待大ですね\(^o^)/

回り込み解除

開催までもはや一週間を切りました、食で人の輪をつむぐイベント『おおさき食楽まつり2013』!!
山学校も食楽まつりスタッフとして、少しでもいいイベントとなるよう微力ながらお手伝いをさせていただいております。
昨日は食楽まつりPRのため、宮城テレビ『0H!バンデス』に出演してきました!ということで山学校校長、仙台駅西口ペデストリンアデッキに到着するやいなや、変身準備です^^
所要時間およそ5分。
OH!バンデスといえば宗さん!・・・のモノマネの、さとうムネニクさんの完成です!お隣はすっかり農家ルックがお気に入りの、鳴子温泉・大正館の矢内料理長(笑)
食楽まつり当日は「大崎宝めし・なる子ちゃんこ鍋」などを用意しているそうです♪かわいい女子に囲まれてご満悦の校長…もといムネニクさん(^w^)
左は大崎市岩出山の農業生産者・氏家直子さん、右は地元野菜を使ったジェラートが人気の野菜ソムリエ・大澤英里子さん。もちろん彼女たちも食楽まつりに出店しますよ♪皆さんもう手慣れたもので、撮影はいたって順調に終了!最後は駅前リポーターの育美さん、おおさき楽友会・千葉会長(おおさき食楽まつり2013実行委員長)とともに記念写真をぱちり。ムネニクさんのまま(笑)、駅ナカの美味しいお蕎麦を堪能して帰路につきました。
当日は天気がいいことを祈るばかりです!

おおさき食楽まつり2013についての詳細は、下記の公式ホームページとFacebookページをご覧ください。
 公式ホームページ【http://oosakirakuyuukai.web.fc2.com/
 Facebookページ【https://www.facebook.com/ohsakirakuyukai

回り込み解除

今日は朝から雨が降ったり止んだりの鬼首です。
昨日は日差しが出て暑いくらいでしたのに、なんとも移ろいやすい空模様です。
天気がよいうちに畑作業!ということで、昨日は山学校畑に白キュウリ(その名のとおり普通のキュウリに比べると白っぽくて少し苦味があります)の種を撒きました。たくさん実をつけてくれるといいなぁ♪こちらはこの間植えたジャガイモ。植える時期が遅くなってしまったので少々心配しておりましたが、無事に生育中^^トウガラシも順調です。「鬼の一味」、たくさん作れますように。そして売れますように(笑)どこから種が飛んできたのか、レタス?サンチュ?がコンクリートの隙間からにょきっと生えていました♪
こちらもじっくり見守りましょう^^

回り込み解除

なんとな~くパタパタして、前回記事より間が空いてしまいました。
さて、世間は6月にして最高気温をどんどん更新しているようですが、鬼首はどちらかというとどんよりした日が多かった気がする先週でした。
6月11日(火)も、霧雨が降っているようないないような、曇り空の一日でしたが、この日の鬼首小学校は恒例のそば撒き、鬼首神楽の学習と、盛りだくさん。そば撒きは鳴子小学校3年生と鬼首小学校3~4年生の合同で行われました。きれいに耕されたきつね森のそば畑に、みんなの手から丁寧に種が撒かれました。この可愛い看板を見て、鳥さんもちょっとだけ遠慮してくれるといいのですけど^^きつね森に鎮座する山の神様に、大きく美味しいそばが育つようにお祈りしました。

そのころ、鬼首小学校の5~6年生は、山学校にて神楽教室です。鬼首神楽保存会の後藤錦信さん、大場吉郎さん、そして鎌田市治さんも先生として参加してくださり、練習にも熱が入ります!前回は足の動きがなかなかの難関でしたが、今回はそれに扇の動きが加わり、見ている分には神楽らしい踊りでとってもカッコイイのですが、踊っているみんなにはとっては、覚えるのがかなり大変そうでした><回ったりしゃがんだり、動きもずっとアクティブに!畳の上には、和紙でできた”ホコ”が千切れ、たくさん落ちました。
「壊れるのはみんなの練習した成果なんだ」という吉郎先生の言葉にじ~ん。
覚えるのは大変ですが、練習を重ねてみんなでばっちり踊れるようになる日も近い気がします!

回り込み解除

これは先週のとある暑い日のお話。
そろそろやらねばなるまい。山学校校長は重い腰を上げた。
午後のおやつの時間を過ぎたとはいっても、太陽の光は山学校畑を容赦なく照りつける。
暑い。タラの木がすっかり林のように枝葉を伸ばしてはいるが、木陰とするにはいささか物足りない。そもそもこれから手をつけようとしている場所とかけ離れている。意味がない。校長は一輪車に載せて運んできた、菜種油の搾りかすを勢いよく撒いた。これは畑の土にとって、いい養分となってくれるのだ。満遍なく、土を覆うように散り撒いて、校長はしばし畑を離れる。次は耕耘機の登場だ。小さな畑の頼もしい相棒。ときどき機嫌を損ねて動きを止めてしまいそうになる耕耘機を叱咤して、校長はひたすら土を起こす。そうしてできた畑には、ジャガイモの種イモが植えられた。
本当はもっと早くに植えるべきだったが、なかなか手をかける時間が取れず、伸びに伸びていた。
はたしてこのジャガイモがどれだけ生育して収穫できるか、今の我々には知る由もない。ただ大きく美味しく育ってほしいと、その時を祈り待つしかないのだ……。

回り込み解除

新緑から深緑へ変わり、緑も鮮やかになってきた鬼首。
山学校まわりも色とりどりのお花で賑わっています♪校舎裏のツツジや、そろそろ終わり加減ですがシャクナゲも種類が豊富!シロツメクサやハルジオンも、普段何気なく目にはしていても、よ~く眺めてみると、個性的で可愛らしい^^ラナンキュラスやマーガレットもきれいです♪夏~秋に収穫できるイチゴの花も咲いています。
山学校、まさに花ざかりです\(^o^)/

回り込み解除

藤が見ごろを迎えている鬼首です。
車の窓を開けると、ふんわりといい香りがただよってきて、なんとなく幸せな気持ちになります♪

ほとんどの農家で田植えが終わり一段落、といったところの6月2日(日)、『さなぶり菜の花まつり』が開催されました。菜の花もそろそろ終わり加減ですたが、お祭り会場となった場所ではまだまだ十分に花が咲いており、青い空、緑の山、黄色い菜の花と、まさに大自然を満喫!
今回は菜種油を豪勢に使った油揚げ丼や天ぷら、地元のお母さん方が腕によりをかけた一品料理を持ち寄り、お祭りに訪れてくださった方々に振る舞われました。菜の花をはじめ、いろいろな山菜の天ぷらが、机の上に所狭しと並びます。
どれも特別なものでなく、そのあたりに生えているもので、しかも揚げたてアツアツの天ぷらは本当に美味しい!漬物や、支援のお礼でいただいた牡鹿産ワカメの煮つけ、他にもここに載せきることができないくらいたくさんの家庭料理が持ち寄られ、もうどれから食べればいいのか、むしろ全部食べる!と張り切ってしまうほどでした^^いろいろなお料理の中でも、今回のメインは油揚げ丼です。
油揚げは鬼首唯一の大場豆腐店さんに依頼し、作っていただきました。お祭りの前日、油揚げを作る時間にお店にちょっとお邪魔して、作業風景を見学させていただきました。そこで気がついたのが、いつもお豆腐を買いに来るときより、香ばしい油の匂いがするな~ということでした。
大場さんのお話では市販されている油より少しとろみがあって、うまく揚げられるか心配だったそうですが、熱しはじめるとさらっとしてきたそうです。
また、私はまったく知らなかったのですが、油揚げ用の生地とお豆腐の生地って全然違うそうでして、油揚げを作るときは、大豆をする段階からして違い、「よし!油揚げ作るぞ!」という気合を入れて作るそうです。これはためになるお話!
左側のフライヤー(写真奥)は油の温度が低く、この中で生地を広げて油揚げの形にするそうですが、うまく広がらなかったりすることもあり、ここの作業が油揚げ作りの大事な部分だそうです。そして生地が広がったら、右(写真手前)の温度が高いフライヤーに移し、カリッと香ばしく焼き上げて完成させます。これが出来たてのアツアツ油揚げ!とっても美味しそうな色ですね~♪
この油揚げに、山学校校長兼料理長がお醤油で味をつけ、固めに炊いたゆきむすびの上にのせて、一味唐辛子をかけ、ばくっといただきます。お揚げの汁がじわ~と口の中にしみだして、これがまた美味い!
なんていうかもう、生きててよかったという感じです。ソル・デ・ミシオネスによるアルパの調べと澄んだ歌声が、山間に響き、空に吸いこまれていきそうでした♪素敵な音楽を聴きながら、美味しい料理にお酒…、話は弾み、皆さんいい笑顔です^^「岩入(がにゅう)音頭」が流れると、ついつい体が動いてしまうようで♪最後は会場のみんなで「花は咲く」を歌い、お祭りは楽しくにこやかに閉会しました。
まだまだ始まったばかりの小さなお祭り、しかしお客様もスタッフも「いいイベントだった!よかった!」と口にする、素晴らしいイベントでした。これは来年も楽しみです!さて、余談ですが、今回特別に菜種油100%で揚げた油揚げ、フライパンあるいはオーブントースターでカリッと焼き上げて、わさび醤油で食べてもとっっって美味しかったです。思わず晩酌が進みました~(*´ω`*)

カレンダー

05 | 2013/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

鬼首山学校

Author:鬼首山学校
廃校となった元・鬼首中学校木造校舎を利用し、イベントや体験をとおして鬼首の緑豊かな自然と人々をつなぐ、そのお手伝いをしています。

最新記事

行事予定

4/30 川渡菜の花フェスティバル
5/2~5 鳴子ダムすだれ放流
5/27 鬼首ワンデーマーチ
5/28 禿岳山開き

お知らせ

山学校Facebookページでは、ブログのこぼれ話や裏話などなど、日常の様子をゆるくお伝えしております♪ ⇒ 山学校Facebook

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

リンク

広告

検索フォーム

QRコード

QR

天気予報

アクセス