鬼首山学校
  • 2012年01月

回り込み解除

回り込み解除

冬将軍が居座り続けて、毎日厳しい寒さと雪が続く鬼首です。
今年は雪が少ないですね・・・なんて、呑気に言っていた頃が懐かしい・・・
こう雪が続くと雪かきをしても、かいた雪を置く場所がだんだん無くなってくるのですよ。
この間の「除雪大作戦」でスッキリした山学校も、また雪に埋もれてしまう日も近いかもしれません。
そして山学校近くの民家の軒先にぶら下がるつららの長いこと!
小学校低学年の子供の身長ぐらいはあるのでは?とビックリしてしまいます。
しかし寒波のピークは今週末という予報もあるので、まだまだ油断できませんね(^ ^;)
天気予報が外れてくれるように、そして寒波が早く移動してくれるように祈ります(‐人‐)

さて、こちらはオニコウベスキー場。
先週末も、鬼首山学校の特設そりコースはオープン致しました。
先週から、タイム計測を始めました。
何回も滑ってタイムの短縮に挑む子供達はとても元気!何回上まで登っても、全然息切れなんてしないのね(^ ^;)
そしてお母さんといっしょのほのぼのちっちゃい子チームまで、たくさんの親子連れの皆さんにおいでいただきました。
日曜日の午前中までは穏やかだったのに、午後は吹雪。
寒くなってきたねぇ・・・と話していたら、そりコースのゴールにラッキーちゃんが来てくれました。
ほっぺに手をあてて、心配そうに見守るラッキーちゃんです。
そんなラッキーちゃんを見て、子供達のテンションは一気にUp↑
「あのねえ、さっきラッキーちゃんにアメもらったんだよ」「あの赤いバッグにはアメがいっぱい入っているんだよ」などと、口々にご報告を受けました。
さあ、大好きなラッキーちゃんが下で待っているからね!いってらっしゃ~い!

回り込み解除

今週末も鬼首山学校特設そりコース、オープン致します。
昨日はそりコースの整備に行ってきました。
ここ何日かの寒波で、もしかしたらそりコースが埋まってたりして・・・(^ ^;)と職員一同心配しましたが、意外と大丈夫だったようでホッとしました。
それでは整備開始!
長~いコースなのでみんなで手分けしてもくもくと掘っていきます。
掘ること約1時間、ようやくコースが完成しました\(^ ^)/
なんだか先週よりもコースが広いような・・・?
作ったコースは試乗してみなくては!ということで
滑る!
滑る!!
遊んでいるのではありません。あくまでコース確認のための試乗ですよ(^ ^;)
楽しい鬼首山学校の特設そりコースにどうぞお越しくださいね!




回り込み解除

今日の鬼首はどんよりとした雲に覆われています。
毎日の厳しい冷え込みで、どこもかしこも凍りつきそう・・・いや、すでに凍っています(^ ^;)
鬼首は意外なことに心配された程の雪にはなっていませんが、日本海側では大雪に見舞われている地域もあるようで、いつまで寒波が居座り続けるのかとても心配です。
早く天気が回復してくれるといいですね。

さて、先日ブログでご紹介しましたが、山学校職員が製作中のヒロロのバッグがついに完成致しました。
少し緊張気味の職員です。
ヒロロのバッグは使っていくうちにツヤが出て、味のある色になるそうです。
中布も同系色で素敵なバッグになりました。

前にもブログでご紹介しました「ヒロロのバッグ」
縦糸はヒロロ(ミヤマカンスゲ)、横糸はモワダ(シナノキの皮)という材料を使っています。この写真はヒロロを干したもの。
このほかにもカラムシやアカソなど、てっこ編みの部屋にはたくさんの材料が干してあります。
このヒロロで縄を綯い、その縄を編んでバッグを作ります。このバッグを作るには20メートルの縄が必要なので、継ぎ足し、継ぎ足しながら一本の縄を綯っていくのです。
ヒロロのバッグを作っていて一番難しいところは「縄をきれいに均一に綯うところ」
一番肝心で、しかも根気のいる作業です。
もともと手づくりのものが好きで日本民芸館に見学に行ったりしていたので、鬼首山学校の採用試験の作文には「藁を使ったものづくりをしたい」と書きました。
山学校に入学してからは地元の方に藁細工を教えていただいていたそうです。
そして出会ったのが山学校校長の所持品の「てっこ」
このてっこと出会って、鬼首でてっこを編める人を探し、編み方を教わったそうです。
昔は鬼首では藁でミノを編んだりしていたようですが、ヒロロを使ってものづくりをしている職人さんがいないので、我流で編んだバッグを持って福島県三島町に足を運び、作り方を学びました。
これは製作中の写真ですが、編んだ期間は約4週間。模様なども自分で考えて丁寧に編みあげた作品が完成しました。
山学校に入って2年5カ月、「自分の手でものづくりをしたい」というひとつの目標が達成されました。本当に良かったです。
これからも素敵な作品をたくさん作って、目標に向かって頑張ってほしいと思います。

回り込み解除

今朝の鬼首はマイナス10度ですって・・・おー寒っ!
関東方面でも雪が降って、大変なことになっているようですね。
スリップ事故や転倒によるけが人が続出しているとか。
そして雪があまり降らない地域の方は、冬になってもスタッドレスタイヤに履き換えない・・・というか、そもそもスタッドレスタイヤを持っていない・・・ということを初めて知って衝撃を受けた私でした(^ ^;)

さて、今日の鬼首は昨日の夜に降った雪がキラキラと光って素敵な朝でした。
青い空に白い雪が映えますね。
木々には雪の花が咲いて、サラサラと落ちてくる雪はまるで花びらのよう。
こんな日は雪をとても美しく感じます。
積もった雪をよ~く見ると、雪の結晶がいっぱい!だからキラキラしていたんですね。
校長曰く「雪印のマーク見たいな雪」。確かに(^ ^)
とても気温が低くないとこんな雪にはならないそうです。
もう少し気温が低いとダイヤモンドダストになるんだとか。
手に取った雪はフンワリとしていて、タンポポの綿毛みたい。
屋根や木から落ちてくる雪も、どこもかしこもサラサラ、キラキラ、フワフワしていて、この雪の中に埋もれてみたいな~なんて思うのです。
ミーティングの時に校長が「スキーをしたら、プロスキーヤーみたいに雪煙がたってカッコイイですよ。こんな日はワンシーズンに一日か二日しかありません。」と言いました。
ぜひ気分だけでもいいからプロスキーヤーになってみたいものです(^ ^)

回り込み解除

昨日は山学校にたくさんのお客様。
還暦祝いで同級会を開いたのでぜひ母校を見学したいと、卒業生の方々がお見えになりました。
学校に入ると開口一番「懐かしいな~!!!」「ここが校長室だっけか?」などと楽しそうな声が響きます。
そういえば鬼首の皆さんは、還暦や厄年などの時に同級会を開くのが定番ですよね。
一緒に育った懐かしい仲間たちと節目に会えるなんて、素敵なことだと思います。
私の住んでいた地域ではあまりないことなので、羨ましいなと思います。
鬼首で同級会を催した際は、ぜひ懐かしの母校・鬼首中学校にお越しくださいませ(^ ^)

さて、卒業生の皆さんがお帰りになった後、山学校の校長はいそいそとお出かけの様子。
今日は鬼首小学校の「給食試食会」に学校評議員として参加するんでしたね!
私も何度かいただいた事がありますが、鬼首小学校の給食は自校調理で美味しいと評判です。
今日のメニューは五目御飯・芋の子汁・炊き合わせ・牛乳。
色的にはちょっと地味目かな?でもとても美味しそうです。
校長曰く「決して派手だったり子供ウケを狙ったメニューではないんですが、バランスが良くて美味しいんですよねぇ。子供達も全員おかわりして完食していましたよ。鬼小の栄養士さんは若いのに素晴らしいと思います。」
今日から全国給食週間ということでテレビでも給食の話題を取り上げていましたが、これが本当に給食の献立なの?とビックリするようなメニューが紹介されていました。
やはり給食は子供達が好きなものばかりでなく、「食育」という点も考慮したメニューであって欲しいですよね。
きれいなランチルームで食べるのもいいけれど、やっぱり給食は教室で机をくっつけて食べたいな!そう思うのは私だけ?
給食を食べながら、自己紹介と自分が好きな事や好きなものについて発表したそうです。
「スキーが好きです!と言う子が多かったですね。あと、サッカーとか、リンゴが好きで丸ごと1個食べるという子供もいました。みんなでお話しながら和気あいあいといただきました。」そういえばこの間のアルペンスキー教室の後、鬼小の子供達がスキー場で練習している姿をよく見かけますね。今まであまりスキーをしなかった子供達も挑戦しているみたいだし。
そしてなでしこの影響かな?サッカーも人気があるようですね。
「子供達はお腹がペコペコのようで、『朝ごはんしっかり食べてきなさい』と言われていましたよ」・・・う~ん、朝ごはんはしっかり食べていますがねぇ・・・あれだけ校庭でクロカンを練習していればおなかもペコペコになるでしょうね(^ ^)
ちなみに給食の献立表を見てみると、「1月24~30日は全国給食週間です。鬼小では世界の給食週間とし、色々な国のメニューを味わってほしいと思います」と書いてありました。中華やインド料理など4カ国のメニューが登場するようです。
いいなぁ!大人になってみんなに話したら羨ましがられますよ!
山学校を訪れた鬼首中学校の卒業生と鬼小のみんな。学校っていいな、仲間っていいな・・・そんなことを感じた1日でした。

回り込み解除

コメントにもありましたが、今年は例年よりもちょっと雪が少なめかな?今日もいいお天気の鬼首です。
でもスキー場には雪はたんまりありますのでご心配なく!
しかし「例年より少ない」とはいえ、山学校はこの状態です(^ ^;)
ああ、もう窓が半分位隠れてる!
しかも土曜日の夜から日曜日の朝にかけて、50センチの積雪ということで・・・
先週末は「山学校除雪大作戦」が行われました←勝手に命名しました。
山学校関係者の皆さんのトラクターが5台集結!
山学校の表側も・・・
校舎の後ろもガーッと除雪していただきました!
1月にしてはとても重い雪でかなりの苦戦をしいられたということですが・・・
おかげさまでこんなにスッキリ!
春まで行けないと思っていた学校の後ろもホラ!
ちゃんと歩けるように除雪していただきました。ワーイ!とはしゃいでいると
「まだ1月ですから。あと2・3回は除雪しなければ無くなるでしょうね」あ、確かにまだ1月ですものね(^ ^;)
まだまだ雪との格闘が続く(?)山学校なのでした。

そして山学校、冬の週末と言えばオニコウベスキー場の特設そりコース。
先週末もたくさんのお客様にご来場いただきました(^ ^)
そりコースにとってはありがたい雪です。
去年のコースよりもカーブが増えて、面白いコースになっているようですよ。
今週末もぜひオニコウベスキー場特設そりコースへ遊びにお越しくださいね(^ ^)

回り込み解除

昨日までの暖かさは一段落したようで、今日は冬らしい寒さが戻りつつある鬼首です。
まっ白なカムロと雲の境目がイマイチよくわかりません。雪が降ってくるのかな?
明日は「大寒」。一年で一番寒いとされるこの時期の水は雑菌が少なく体に良いと言われ、また、寒気を利用した食べ物を仕込む時期でもあります。
ちなみに我が家は毎年大寒に「凍み大根」を作ります。
その凍み大根で田植えなどの時に煮つけを作って食べたりします。
うまみがギューッと詰まった凍み大根は、鬼首の寒さを活かした昔ながらの保存食ですね。

さて、昨日はとても暖かかったので、寒バヤを釣りに行くという職員に同行してみました。
昔は美味しい寒バヤを狙って釣りに行く人も多かったようですよ。
お腹の部分が赤くなるので、鬼首では「赤ハラ」などとも呼んでいたそうです。
釣り上げた寒バヤを焼いて「弁慶」と呼ばれる燻製を作るための道具を使って保存食を作ったそうです。
弁慶?燻製を作る道具がナゼそんな名前なのか・・・調べてみて納得!藁の束に串がたくさん刺さっているので弁慶。その串に魚や動物の肉をさして火だな(囲炉裏)につるして燻製を作っていたそうです。
さて、釣れるでしょうか???
釣りをしながら周りの風景を見ると、鬼首って本当に山に囲まれているな~と感じます。360度ぐるっと山!
1匹でもいいから釣って帰りたい!と思いながら30分・・・1時間と時間が過ぎ・・・ついにタイムアップ!
結局1匹も釣れませんでした・・・残念(^ ^;)

回り込み解除

冬なのに本当に暖かい鬼首です。
山学校廊下の温度計は5度。朝、ある職員が「あれッ?今日はなんかおかしいね!」おかしいとは?
「暖かすぎて変だね!」・・・なるほど、そういう意味でしたか。
明後日は「大寒」ですからね、やはりこの暖かさは不自然な感じがしますよね。
来週は寒波が戻ってくるという事ですが、この暖かさに慣れ切ってしまった体が対応できるかしら・・・ちょっと不安です(・ ・;)

さて、こちらは山学校の玄関です。
スノーモービルにスキー板、スノーダンプなど、雪国らしいアイテムがたくさん置いてあります。
その中にある、大きな木のヘラらしきものは一体???
偶然通りかかった小学生に「このヘラは何に使うと思う?」と聞いてみました。
すると・・・「給食を作る時に使うヘラ」「船のオール」「敵を倒す」などなど、色々な意見が(^ ^;)
確かにすごく大きな鍋もかき回せそうだし、おに丸も漕げそうだね!
で、正解は何かというと、「さっけ」といって軒の雪を下ろすための道具なのでした。
昔はどこの家にもあったそうですが、山学校のさっけは特に大きいもののようです。
試しに雪をつついてみると、真上の雪がモロに顔面に直撃!アタタタタ・・・すごいダメージです(><)
校長曰く「真上だと落ちてきた雪が当たってしまうので、横の方の雪を落としたりするんですよ」との事。
使う前に聞けばよかった・・・
見慣れない道具はきちんと注意点を聞いてから使うこと・・・これが今日の教訓です。

そして山学校冬のアイテムといえば「かんじき」です。
山学校の職員ですが、人生初のかんじきだそうです。
脱げないように履くのは難しいらしいですね。
右がかんじきの跡。そして左はウサギの足跡。
山学校の方へ仲良く向かう2つの足跡。ひとつは玄関へ、もう一つは裏の畑へと帰って行きました。

回り込み解除

今日も気持ちよく晴れました!鬼首。
こんなふうに晴れた日は、白い雪が反射して眩しい!でもそれもまた嬉しい!
昨日は校長がいそいそと外へ出て、何をするのかと思えばモービルを使ってクロカンのコース作り。
「2周して疲れました~」と戻ってきたので、私も校長の靴と板を拝借してクロカンに初挑戦してみました。
「滑った」と言うよりは「スキーを履いて歩いた」と言った方が正確だったかもしれませんね(^ ^;)
靴も履き心地が良かったせいか、アルペンよりもゆったりと滑ることができて楽しめましたよ。

さて毎年1月16日は鬼首のどんと祭。田野地区中村神社で行われます。
田野センターに続く道にはミニかまくらロードが!温かみのあるふんわりとした灯りが心を和ませてくれます。
そして田野センター前には雪で作られた祭壇がありました。雪国ならではの素敵な祭壇です。神事が執り行われた後、いよいよ神官さんによる火入れが行われます。私達が作ったお正月のしめ縄飾りも、役目を終えてきっとこの中に。
御神火にあたって今年一年の無病息災と家内安全を祈願した後は・・・
餅つきや花火などが賑やかに行われました。
手づくりの温もり溢れる鬼首のどんと祭。
寒い夜でしたがなんだか心が暖かく感じられたのは、炎のせいだけではなかったのかもしれません。

回り込み解除

ここはオニコウベスキー場そり遊び広場。
先週のブログでもご案内致しましたが、14日より鬼首山学校特設そりコースがオープン致しました!
オープン早々子供達に大人気です!
「今年のコースはカーブが多くてコースアウトしない良いコースですよ!」ほお・・・では早速!滑ってみると・・・ホントに楽しい~(^ ^)
ちっちゃい子はお母さんと(^ ^)
雪まみれになりながら滑っていく子供達はみんないい顔しているな~!
子供達は滑るスタイルもいろいろ。何度も何度も滑っていきます。楽しそう!
鬼首山学校特設そりコースは毎週土・日曜日開催中です!
そして今週末21・22日は子供のリフト1日券が千円!のスキーこどもの日です。
ぜひオニコウベスキー場&山学校特設そりコースへお越しくださいね(^ ^)

カレンダー

12 | 2012/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

Author:鬼首山学校
廃校となった元・鬼首中学校木造校舎を利用し、イベントや体験をとおして鬼首の緑豊かな自然と人々をつなぐ、そのお手伝いをしています。

最新記事

行事予定

6/17~18 食楽まつり
7月中旬 カムロブルーベリー園
7/30 集まれ鳴子ダム

お知らせ

山学校Facebookページでは、ブログのこぼれ話や裏話などなど、日常の様子をゆるくお伝えしております♪ ⇒ 山学校Facebook

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

リンク

広告

検索フォーム

QRコード

QR

天気予報

アクセス