鬼首山学校
  • 2011年07月

回り込み解除

回り込み解除

オニコウベスキー場、かぶとむし ふれあいの森。
センターキューブ内は貴重な世界のカブトムシとクワガタが沢山!アトラスオオカブト?コーカサスオオカブト?・・・?

「世界のかぶとむしコーナー」や「世界のクワガタコーナー」は、ふれあいながら観察ができる場所(:->)オオヒラタクワガタ?
ルデキンギツヤクワガタ?う~ん?どれがどれ?

世界の昆虫展示館にはふれあいコーナーだけではなく、個々のケースもあります。
ケース内の昆虫は触れませんが、安心して間近で見ることができます(:->)パラワンオオヒラタクワガタ?
マンディブラリスフタマタクワガタ?
エレファスゾウカブトは「体の大きさ(体積)では世界一の昆虫」?!
・・・どれがどれ?何がどれ?
沢山いるので私には難しいです(:-<)でも、面白い(:->)

ヘラクレスオオカブトもふれあいコーナーがあります(:->)
「世界最大のカブトムシ」?!
角を含めた体長が最大約18センチ?
ヘラクレス・オキシデンタリス、ヘラクレス・リッキーにヘラクレス・ヘラクレスが人気3種なんだ~(:->)
ヘラクレス・ヘラクレスは「胸角が太く直線的に伸びることから人気がある」?
で、どれがどれ?

「こいつが一番かっこいいな!ほら!ココがシュッとなってるだろ!」ハイハイ、確かに(:->)
説明を聞いても札を読んでも、どれが何だか分かりませんが、ただ眺めているだけで、とっても楽しいです(:->)

子供から大人まで遊べる「かぶとむしふれあいの森」はイベントも沢山!

7月31日(日曜日)は、特別企画 『ヘラクレス抽選会』!
人気のヘラクレスオオカブトを抽選で10名のお子様にプレゼント!
詳細はオニコウベスキー場までお問い合わせください。
スキー場へは、黄色いノボリが目印です(:->)

回り込み解除

オニコウベスキー場、テレキャビンで到着した鍋倉山頂!
標高1,100mは涼し~い!!

この山頂では、夏の期間限定、かぶとむし自然観察園がオープン中です!
この雑木林にカブトムシが・・・
早速、中に入ってみましょう♪

この中に、カブトムシが、・・・いた~!!他にもカブトムシが・・・いた~!何匹いるだろう?
数え切れない程に沢山います。

「こっちもスゴイよ!」
どれどれ・・・いた~!!見れば見るほど、カブトムシ、カブトムシ、カブトムシ~!!因みに、この写真には12・・・匹? 12頭が写っています(:->)

これらは鬼首で羽化したカブトムシなんですって(:->)カブトムシの生態が観察できる自然の森。カブトムシと遊んだり、隣の山まで山頂を散策したり、涼風に吹かれて眺望を楽しんだり。
のんびりできる、テレキャビンで行く鍋倉山頂、かぶとむしふれあいの森
下のセンターキューブ内では、世界の昆虫が待ってます(:->)

回り込み解除

オニコウベスキー場はやっぱり、夏も楽しいです(:->)あの山頂を目指して、テレキャビンに乗りました!

ドンドンと上昇~~ あ!ペンション村!屋根の群れが見えます(:->)

逆側は~~ すすき野原と牧場!遠くから見ても、モコモコした木はカワイイです(:->)

益々高くなってきました!テレキャビンは意外に速いので、すれ違うのも一瞬です。テレキャビンはコロンとした形も色もカワイイです(:->)

どこを見渡しても、緑が広~い!!お!我が鬼首山学校 発見!!こんなに見渡せるなんて、今日はいい天気だな ♪大好きテレキャビン!なので何度も乗車していますが、真っ白で何も見えない時もあります。でも、真っ白な雲の中を行くのも面白いですよ(:->)

さてさて、頂上に到着!
鍋倉山頂、標高1,100m!山形県との県境!今日は中々見晴らし良く見えます(:->)
月山はどれかな?

そして、夏の山頂メインはココ!かぶとむし自然観察園です!
あの中には、カブトムシが沢山なのです!

今年はどれだけいるのかな?
ワクワク、ドキドキ~!

回り込み解除

今日は朝から、ブルーベリー園♪♪良いお天気~!!ブルーベリーにもおひさまサンサン♪今年も沢山実っています(:->)

園内、自由に採り放題、食べ放題♪
どれが甘いかな?うん、甘い(:->)
でも、まだまだ美味しいブルーベリーがあるはず!

収穫中のお母さんたちに、「上の中段の小さいのが甘いよ~!」とアドバイスを頂いて、場所移動。真っ黒いブルーベリーを口いっぱい頬張ると甘~い(:->)

これは?これは?この木、この木と試している内に、食べ過ぎてしまうブルーベリーです(:->)
これは甘いかな?まだまだ食べたいブルーベリー!ですが、たまには日陰で ひと休み♪
お茶と、ブルーベリージャムを使ったおやつを頂きました(:->)甘酸っぱくてオイシイ!!
このブルーベリージャムを買って帰ろう ♪

休憩後は、またブルーベリー摘みに戻るも良し。
もう暫く鬼首の風に吹かれて、お茶するも良し。

ゆったりと過ごすことのできる、ブルーベリーつみとり園。
今年のノボリはこちら。このノボリを目印にブルーベリー園へお越しくださいね(:->)

カムロブルーベリー園
 TEL 0229-86-2207
 大崎市鳴子温泉鬼首字山崎[#PARTS|USER|43295#]

回り込み解除

ここは高原、避暑地かな?そう思って散歩をするほど、朝も冷え、日中も寒く・・・夏はどこへやら?田んぼの緑はキレイですが、山が、カムロが、隠れた朝でした。そろそろ紫色のノボリが立つ頃かな?と遠回りをしてみたのですが・・・
まだ見当たらない・・・
あれ?!黄色のノボリ?!オニコウベスキー場、かぶとむし ふれあいの森です!
去年も大きなカブトムシがいたな~。夏も楽しい、スキー場です(:->)

校長、紫のノボリは?
「もう既に沢山なっているようですが、今日から本格的オープンと聞いています。」
ノボリが立つ直前だったのかな?鬼首で紫のノボリと言えば、ブルーベリー摘み取り園です!去年も楽しかったな~♪♪と思い出していたら、今、カムロブルーベリー園さんから頂きました!!美味しいです♪ 甘いです♪ 大きいです♪
今年もブルーベリー狩りに行かなくては!

明日は「あつまれ!鳴子ダム」。
楽しい夏のイベントが沢山あります、鬼首です(:->)

回り込み解除

昨晩から寒い位の冷たい風が吹いている鬼首です。

昨日の帰り道は小雨が降っていて、通りかかった畑で お天気の話題に。
「畑には雨があって ちょうどいい位だよ。」「ずっと乾いているからね。」
・・・そうかな?大丈夫かな?と、ぼんやり重い空を眺めていたら、いつの間にか私の鞄に沢山の夏野菜が!
いつも分けてくださって、ありがとうございます(:->)

「シソは食べるかい?」
「ナスとシソでナスイリにすれば良いじゃない!」
「そうだ、そうだ!シソも持って帰んなさい。」

・・・ナスイリ。
鬼首では良く聞きます。

他で冬瓜を頂いた時も、
「ナスイリのように、シソと炒めれば美味しいよ!」

・・・ナスイリ。
鬼首に来てから知った単語です。

茄子を炒めるのかな?と予測はできてもシソとのイメージが湧かず、レシピを伺うとお宅によって違うので、いつも言われた通りに試してみます(:->)
とっても美味しく出来上がります(:->)・・・正解は分かりませんが(笑)

さて、先週の鬼首、きつね森。鬼首小学校と鳴子小学校のみんなが、それぞれ、6月に蒔いた そば の様子を観察に来ました(:->)

そばは どんな花が咲くのかな?説明を聞きながら、じっくり観察。どんなことを書いているのかな?と覗いてみれば、

『かふん にハチがあつまる。おばな から めばな に運ぶ』

『めばな(メス)は短柱花。たんちゅうか。
めしべがおしべより短い。実になる。』

『おばな(オス)はめしべがおしべより長い。
長柱花。ちょうちゅうか。何にもなんない。』

・・・なるほど(:->) 難しい言葉を使っているなぁ。1本のソバは、どちらか一方の花のみをつけて、ソバが実をつけるためには、長柱花には短柱花の花粉が、短柱花には長柱花の花粉が必要だったかな?
受粉も訪花昆虫の手助けが必要だから、花は咲いても実がなるのは難しいんだよね(:-<)

きつね森の そば はまだ、花が付いたのは少しだけ。そばが とれますように。

そば畑に向かって、リコーダーを演奏。みんなの音楽で気分の良くなった蜂達が、沢山お仕事をしてくれますように(:->)

回り込み解除

丸くて、フカフカで、やさしい色をした、コレな~んだ?なんて。
パンケーキのようなキノコです(:->)傘の背が低いので、覗き込んでも裏まで見えません。残念(:-<)
校庭の芝生を歩くと、何かがピョンピョン跳ねるので、どうしても下ばかり見つめてしまいます。

先程まで青空が見え隠れしていましたが、今は低い雲に覆われている鬼首です。涼しくて夏の散策日和だな~と呑気な事を考えてしまう程、過ごしやすいお天気です。

ねじねじ、くるくる。アリ程に小さくなったら、ネジバナの螺旋階段にのぼってみたいな、と思ったり、

ピラピラ、フカフカ。キノコの傘で遊んでみたいな、と思ったり。

・・・雨はこれから来るのかな?台風が何事もなく過ぎ去りますように。

回り込み解除

今日は爽やかで過ごしやすい鬼首です。
そよそよと風が吹き~♪
・・・風が吹けば桶屋が儲かる?空飛ぶ桶。
・・・。
山学校の桶でグラウンドを掬う。・・・。
桶で遊びたかったのではありません。
素敵な桶を表現する為には、オケをドコにオケば良いのか・・・?
空の桶ではイマイチ・・・空でもOK?カラオッケィ!
・・・。。。

やはり桶は使ってこそ!鳴子の米プロジェクト田植え交流会の時にも大活躍でした。
ゆきむすびの美味しさ倍増です(:->)

この、鬼首伝統工芸品「桶」や、鬼首農林産物直売所「やまが旬の市」が仙台に出張します!

7月16日(土)、17日(日)は仙台、フードマーケット フジサキ寺岡店に是非お越しください。このイベントは昨年も行いました ↑ が、内容は異なります。

今回は桶で作った桶ギターの演奏があります。只今、練習中。
当日は、チョウチョがポイントの丸い桶ギターが登場の予定です(:->)


今回の山の幸は干しゼンマイにフキなど。
山学校の玄関でもフキ剥き。更にフキ剥き。フキ剥き。フキムキ。フキムキ・・・

因みに、これは地獄谷で茹でたフキです。
地獄谷は鬼首の観光名所の一つです(:->)夏も紅葉も美しく、清々しく、心洗われる気持ちの良い場所です(:->)
桶職人・金田さんの桶の「たが」も地獄谷で煮ている為、普通より長く持つそうです。
鬼首の天然ヒバを使用し、たがは竹製です。
江戸時代と変わらない製法で、板が厚く、「たがをかけ替えれば100年持つように」という想いが込められた桶です。

是非、週末は仙台、または鬼首へ。

回り込み解除

ピカピカな太陽に夏野菜はスクスク。草たちもスクスクなので、朝から畑を整備中の鬼首山学校です。

「何してるの?」
ん?お隣、鬼首小学校の生徒さん・・・だよね?初めまして、かな?

山学校の校庭を歩いていると、大概、何してるの?と声をかけられます。
彼女はカメラに興味津々。撮影してみたり、ボタンを押してみたり。

「これ何?」
枝豆だよ。そこの畑の写真だよ(:->)

「これは?これは?」の何?何?攻撃。
ア~!詳細設定は変えないで~!
ア~!それは消去だから止めて~!

「簡単だね♪」と、彼女が撮影したのは、私の「腕」ばかり。
そこにもう一人。

「何してるの?」
やっぱり、『何してるの?』なんだな。
あれ、今度は仲良しさんだ。こんにちは(:->)

ところで、二人とも今は何の時間なの?
「休み時間だよ。ギョーカン。」
ギョーカン?・・・授業の間かな?
1年生が難しい言葉を使うな~。
何時まで休み時間なの?チャイムが無くても分かるんだね。

「チャイムが鳴らなくても、時計を見れば・・・あ!もう戻らなきゃ!」
感心、感心。
知り合った頃は挨拶が精一杯だったのに、もうすっかり小学生だな~(:->)
スクスク真っすぐ成長してるな~(:->)

スクスクと言えば、畑の枝豆たち。
直播き分もありますが、先頭写真の枝豆はヌクヌク室内育ちでした。
6月22日の山学校理科室です。水色?野菜らしからぬキレイな色。これは何かな?「種の表面に薬が付いているんですよ。これが種です。」それで人工的な色なんだな。この種はふやかしてから蒔くのですって。

それから2日後。
シュクッ!と葉っぱが出てきました。大きくなる内に薬は取れるんですって、良かった。
皆、同じ方を向いています。
太陽を求めて首を長くしているみたい(:->)

芽が出たばかり?と思ってから1週間後の6月29日には、この通り!ニョキニョキです。

数日 目を離すと違う様子になっているので、今朝、枝豆はどこへ?と確認してしまいました。
子供たちに負けず、眩しい太陽の下 スクスクです(:->)

回り込み解除

鬼首山学校、校庭の木陰に、シュッとしたマムシグサ。緑の中でヒッソリと大人しくしているようですが、何気に派手な模様入りです(:->)

花が終わると、ゆっくりと変貌を。ゴロゴロゴロゴロ?
ここの所、毎日のように雷の音は聞こえるのですが、雨が降る様子はありません。ラジオが乱れたり、黒い雲が現れたりすると、雷?と思うのですが、山学校には雷雲も雨雲もやってきません。天気予報には傘マークがついていたような・・・と毎日思いますが、雨傘が必要な日は暫くありません。


山学校のマムシグサは同じ場所でも成長に差があり、その過程が見られます。今は緑の中に緑のマムシグサですが、これから秋にかけてグングン目立ち始めます(:->)

やっぱりゴロゴロゴロ。

先日の午後も、空気がジメッとして、どこからか涼しい風が吹いたので、
雨が降るかな?
一雨降って、過ごしやすくなるかな?
と期待を始めた時に、お客様。

校庭で草刈り中の校長には機械音で、呼ぶ私の声さえ聞こえません。
危なくない距離まで近寄って、お客様ですよ~とジェスチャー。

「今、雷が鳴りましたか?」

・・・鳴ってもおかしくない空模様ですが、違います。
お客様が太鼓を鳴らしてお待ちです。

ドン、ドン、ドン。ドンドドン。

山学校にある大きな太鼓を試し打ち ♪ されていたはずですが、その日も夕方は雷が鳴りました。
太鼓は間違いだったかな?

カレンダー

06 | 2011/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

プロフィール

Author:鬼首山学校
廃校となった元・鬼首中学校木造校舎を利用し、イベントや体験をとおして鬼首の緑豊かな自然と人々をつなぐ、そのお手伝いをしています。

最新記事

行事予定

11/22 鬼の蔵コンサート
11/25~26 山の文化祭

お知らせ

山学校Facebookページでは、ブログのこぼれ話や裏話などなど、日常の様子をゆるくお伝えしております♪ ⇒ 山学校Facebook

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

リンク

広告

検索フォーム

QRコード

QR

アクセス