鬼首山学校
  • 2010年11月

回り込み解除

回り込み解除

突風に目を覚ましたのは午前3時過ぎ(:-<)
風の鳴く音と、揺れる家~!は朝まで続き、寝起きの日課、換気の為に窓を開けたら、部屋中の物がブワッと一瞬にして吹き飛ばされました。あぁ、散乱(:-<)

でも、今日は禿岳の全体が見えています(:->)
う~ん、白いです。

山は、朝の様子が一番好きです(:->)
朝起きて、まず、美しい山を眺める贅沢。
建物の隙間からなので、ほんの小さな景色ですが、毎朝、楽しみに窓を開けます(:->)
・・・窓が開く限り。そのうち、凍って開かなくなるのです(:-<)通勤時には風も止み 暖かく、あちこちで 雪解け水が屋根から落ちる音がします。
雨音のようですが、外は晴れ。
不思議な気分です。

この位置から 山を眺めることができるのは、多分、あと少し。道路脇に柵がド~ン!と壁を作ります。この場所で冬景色の山々を楽しむには今が一番(:->)

『山はしろがね、朝日を浴びて』このフレーズ・・・スキーの歌?朝日を浴びて、どうなるんだっけ?

鬼首山学校も、屋根が真っ白!
日当たりの良い場所からは、ザーザーと勢いよく、水が落ちてきます。
濡れないように、と上ばかり見て歩いていたら・・・あれ?今頃、気が付きました!鬼首に、瓦屋根のお宅はありますか?
「?・・・本物はありませんよ。」
傾斜・形状は雪国仕様だな、と初めから思っていましたが、瓦屋根も無いんだ~!
色や鬼瓦のような装飾が 瓦屋根に似ているお宅もあるから、校長も 『本物は』 と言ったのかな。

・・・ここから、どの辺りまでがトタン屋根の地域なのかな?鳴子温泉は?岩出山は?古川は?全く思い出せません。
いつも街の何を見て歩いているのかな、私。

回り込み解除

「北日本は大荒れ」?
鬼首は北日本に入るかな?
入る入らないにかかわらず、北日本の天気予報も参考にするのが安全だと思うようになりました、鬼首2年生の私です。

昨日は時折 雨風は酷くても、気温はそれほど低くは無く、いつも通りの景色でしたが、今朝の山は真っ白。・・・背景が全く見えません。
でも、ここは雨。どこからか飛んできた雪が、夜の内に積もったのかな?でも随分、下まで雪がおりてきました。スキー場がハッキリして、寒そうな景色ですが、見た目より暖かい朝です(:->)

山学校の校舎は外より冷えているのでは?
これは毎日 思うこと(:-<)
冷たくて掃除の際も 換気をする気にはなれません・・・あれ?何かが?

ガツン!・・・ガツン!・・・ガシャン!・・・ガツン!
何かが 何処かで ぶつかっている?
恐る恐る見守っていると、校長室と廊下を行ったり来たりする小鳥を発見!

・・・あぁ、また校長室に入ったよ。窓に向かって勢いよく飛んで行ったけど・・・あの窓、開けてあったかな?

あ!ガラスにぶつかって、ヨロヨロ、カーテンに紛れてました。やっぱり閉まっていたよね(:-<)
その後も、廊下の窓から窓へぶつかりながら 休みなくジグザグ飛んでいます。
スゴイ慌て様(:-<)

ちょっと待ってね、窓を開けてまわるから。
小鳥さん、校舎が暖かいと思って入ったら、慌てる程に寒かった?

掃除を進めていると、雨が降ってきました。
窓を閉めま・・・そうだ、小鳥は?
・・・無事に外に出られたようです。安心しました(:->)

小さくて、黒くて、鳴かなくて、何の鳥だったのかな?と窓を閉めていたら、雨がみぞれに?みぞれが雪に?私には今季、初雪です。一片が大きいので、雪の軌跡がくっきり。

ヒュッと風が吹いたら、雪は揃ってJの字を描きました(:->)ヒュ~~ッと風が吹いたら?普段通りに撮影しているだけなのに、何だか天体観測をしているよう(:->)

とうとう雪か・・・と思ったら、雨に。
雨は・・・?と外を眺めたら、雪に。

「本格的になってきましたね」と校長の言葉に外を見ればあぁ~、積もってきました。この景色、久しぶり。
また雨になっているけれど、明日の朝はどうなっているのかな?
明日のブログも雪のお知らせには なりませんように。

回り込み解除

朝晩の挨拶に、「寒い」の話題が頻繁に出てくるようになりました、鬼首。
「寒くなったなや~」と言われてると思いますが、文字にすると しっくりこないような?
こんな日は、温かい汁物が恋しくなりますね。今が旬のきのこ汁に、どぶろく汁・・・どぶろく汁?料理名すら初耳です。・・・粕汁のような物ですか?
「・・・違います。どぶろく をそのまま入れてますから。具?・・・豚汁と似ています。」
校長にとっては、どぶろく汁を知らない私の方が珍しいのかしら?そのままとはスゴイ贅沢!

さらに、お酒の試飲も沢山♪「ゆきむすび」のどぶろくは大好き!と分かっていても、つい「試」飲に手を出してしまいます(:->)

21日に行われました「鳴子温泉郷の地酒・大集合!&ライブ「おんがく酒房『五湯遊覧』」。

約370本の源泉、泉質は9種類もある鳴子温泉郷の地酒が、9種類も、この鬼首山学校に集まりました!鳴子温泉の女将が集まり手塩にかけた「おかみの梅酒」、純米吟醸音楽酒「天音」、生貯蔵酒「雪渡り友酔」、鬼首の上質な水と地元の素材をふんだんに使った地発泡酒「鳴子の風」などなど、様々な個性溢れる鳴子の地酒を試飲することができました!

大試飲会に続いては、「おんがく酒房『五湯遊覧』」 ♪鳴子のお酒や風景のために作られた曲を中心としたライブです。若手実力派アーティスト9名による、お酒の子守唄 スペシャル・バンド!その中の1曲、「お酒の子守唄」は、東鳴子限定発売の「天音」を音響熟成させるために書かれた曲です。満員御礼です!美味しいお酒で うっとり。ステキな音楽にも うっとり。お酒、音楽、さらに温泉で、うっとり、ゆったりな鳴子温泉を楽しんでいただけたでしょうか?

紅葉が終わっても、冬の楽しみがやってくる鳴子温泉郷。是非、ゆっくりとお越しください(:->)

回り込み解除

昨夜は比較的暖かくて、星がキレイに瞬いていて、夜空を眺めながら帰っていたら、
「夕方になる程、気温が上がってきたね。この分だと明日の朝は暖かいぞ」
と声をかけられ、そうだと良いですね(:->) とお返事はしたものの・・・お天気が良いという事は、朝は寒い可能性の方が高いような・・・とその不安は的中!またまた、校庭が真っ白な鬼首山学校です!今日は確実に白い!

朝は霜が解けたのか、雨上がりでも無いのに電線や木から、水滴がポタポタ。
今季一番の凍り具合ではないかしら?

晴れ渡って、山はスッキリ。冠雪も無く、紅葉も無く、山に色気が無い分、空の青が際立ちます。

霜や朝露が光ってキラキラ。写真では、単なる草むらですが、霜の白さと、草の白さと、光の白さがキレイなのです(:->)

校庭のベンチもタイヤも表面が真っ白~!
あら?日が当たっているのに、ここも粉砂糖を振りかけたように真っ白です。何度見ても頑丈な囲いだな~。

霜、霜 ♪「・・・なるほど。」
・・・?校長がそう呟いて、後ろを通ったような?
『なるほど、霜を撮っていたのか』 かな?
遠くから見えた私は、花壇に頭を突っ込む 怪しい姿だったのかもしれません(:->)

回り込み解除

すっかり落葉した木々の様子が、冬の訪れを感じさせます、秋の終わりの鬼首。

色味が無く淋しい外の景色とは違い、ほんわかした空気の鬼首基幹集落センター。20日、21日は鬼首地区公民館主催 「鬼首 『山の文化祭』」が行われました。
今季の営業は先週が最後でした「やまが旬の市」も登場!
次回の旬の市、通常営業は来春・・・淋しくなります(:-<)
旬の市が閉まることも、冬が来ること、かな~。

「鬼首の秋探訪」フォトラリー写真展や、「とっておきの写真展」は秋が満載で色とりどり!赤や黄色の紅葉を、既に「懐かしく」思ってしまいます。まだ秋なのに(:-<)

奥の部屋では、「木魂の会」の職人さん達が勢揃い!・・・のはずだったのですが、ちょうどお昼前の空いた時間だったようです(:->)かんじきを試し履き中。これも、真っ白な「冬」を想像させられます。

陽だまりが良い感じだな~(:->)
・・・「陽だまり」という言葉が出てくる時点で、すでに冬、なのかな~。


2階はガラッと、カラフルに楽しげな展示です!子供達の作品は、どれも元気でカワイイ!
こけしも上手にできてるな~(:->)

「うどんも やってるよ!」と言われ、ちょこっと覗いてみました。女性ネットワークの「手打ちうどん講座」ですが、皆さん一生懸命で、気付かれなかったような?

茹でに入っている隣のチームは、ちょうど茹で上がり直前?皆さん、パタパタ。
忙しい部屋の向かいにありながら、のんびりな場所を発見(:->)鬼首小学校のみんなが、できた うどんを試食中。和気あいあいな中をお邪魔します(:->)

今日作ったのは、キレイな3色うどん。
紫は古代米。緑は抹茶ですって。試食のお誘い、ありがとうございます!
でも、見ているだけでも充分、食べっぷりから美味しさが伝わってきますよ(:->)

パッチワークなどの手作り作品もスゴイ大作ばかりです(:->)
皆さんを見習って、今年の冬籠りは手芸に挑戦しようかしら。

帰り際、表では桶職人の金田さんが実演中でした。スゴ~イ!大きなタガを操る様子は、まるで手品か、大道芸のようです!

・・・桶ですか?樽ですか?
「何でもオーケー!オーケー!」
・・・桶なのかな?

今思えば、なぜ、そこで「樽?」と思ったのだろう?
桶と樽の違いは・・・用途?蓋?
次回、作業中では無い時に質問してみよう(:->)

集落センターの至る所で、ステキな鬼首の、ゆったり、まったり、が溢れていた山の文化祭でした(:->)

回り込み解除

鳴子温泉郷の地酒・大集合!&ライブ「おんがく酒房『五湯遊覧』」 に向けて模様替え中の鬼首山学校・多目的ホール。今日は暖かい日差しが射し込むので、カーペットに窓ができています。板が屋根で、家に見えます ♪ ・・・なんてノンビリしている場合ではなく、会場設営はこれからです。当日をお楽しみに(:->)
イベント詳細は、こちら。←試飲できるお酒や、ライブ出演者プロフィール等、詳細がアップされております(:->)

さらに、20日(土)、21日(日)は鬼首「山の文化祭」ですね。

続けて、22日(月)は鬼の蔵「縄文20周年ライブ」です。

イベントが目白押しです!
21日から2泊の鬼首・鳴子温泉旅行はいかがでしょう(:->)?

鬼首の紅葉狩りも、まだ間に合う場所がありますよ(:->)
黄色い森がキレイです。山学校の この場所で、この方角を簡単に望めるのは今限り。
落葉までは鬱蒼とした林が視界と行く手を遮り、冬は雪に埋もれる場所なのです。
小さいけれど、今だけの贅沢な景色です。

山学校裏庭は、イチョウの他にも紅葉の盛りがあります。
ホダ木が並ぶ林の中は黄色の葉が沢山(:->)中から見えた光る一角は、燃える紅葉。咲き揃う?咲き乱れる?咲きこぼれる?花では無くて葉ですけど(:->)見事に赤く染まっています。
しかし裏藪の手前なので、お客様に気付いて頂くことは中々ありません、残念!

これも気付かれにくい紅葉の一つ。紅葉の時期にならないと、他の緑に紛れて中々気付けない、小さなドングリ。
紅葉は、背が小さいから中々気付いてもらえない、小さなドングリ。

・・・ということは、その存在に年中 気付かない?!
そのような事が無いように、大切なドングリを 山学校では 花壇・畑とジオラマで育てています(:->)大木はすっかり落葉していますが、絵に描いたようにカワイイ、ドングリの幼木は、只今 紅葉見頃です(:->)

回り込み解除

昨日の日中は風も無くポカポカ陽気。落ち葉掃き日和でした(:->)

一回にどれだけの落ち葉を運べるか!?
落ち葉を集めた山にどれだけ高く積み上げられるか!?

というチャレンジから、

これって、木、何本分の落ち葉かな~?それは解決できないよな~。
何種類の葉っぱがあるのかな~?手間さえかければ分かるよな~。

・・・全部を1枚ずつ真っ直ぐ並べていったら、落ち葉の距離はどこまで伸びるのだろう?
・・・距離・・・『地球1周』と言われても、具体的なイメージが沸かないのは私だけかな?
・・・『東京ドーム1個分』、これも難しいな。・・・落ち葉を広げていったら、東京ドームのグラウンド面積位あるのではないかしら? 

半日以上、落ち葉と格闘していたら、そんな、おかしなことを考えてしまいました。
でも、落ち葉掃きは確実な成果が見えるから好きです(:->)

今日も日中は過ごしやすい気温の鬼首山学校。裏のイチョウが輝いています(:->)今が見頃です。黄色に目を奪われてしまいましたが、隣も頑張ってます(:->)丸が沢山見えるでしょ?ヒメリンゴです。段々と色づいて来ました(:->)
イチョウ・・・保育所よりも随分と遅いのは、日陰だからかな?

そういえば、商店街から見える大きなイチョウは?紅葉のピークは過ぎ、黄色い絨毯がキレイです(:->)
このイチョウの先に見える、「鬼の蔵」。いつ見ても、立派な門ですね。今年の良い夫婦の日、11月22日も恒例、鬼の蔵ライブです!
今年は「縄文20周年ライブ」!
出演予定は、縄文音楽集団「鬼」、シンガーソングライター高橋佳生氏、その他諸々?
何が起こるか分からない?鬼の蔵ライブ。去年の様子はこちら
19時~入場無料。どなたでもお気軽にお越しください(:->)

回り込み解除

今日はキリッと晴れました、鬼首。今朝が一番、寒かったと思います。
冷蔵庫から取り出した瓶が、余りに冷たくて落とすところでした(:-<)
・・・冷蔵してあるのだから、当然冷たいのですが。
それだけでなくて、何だか、とても冷えた朝だと思うのですが・・・気のせいかな?

何だか、山学校も いつもと違うと思います・・・山が背景だけでは無く、校庭にも出来ているのは、いつもの事ですよ。

校長が始業前から仕事をしているのも、いつもの事ですよ。ここ数日は、本格的に冬支度。
今年は随分、堅固な感じの囲いだな~。

やはり違和感。校庭が、いつもと違うのです。校庭が、白いのです。やっぱり!アイスプラントではないものね・・・やはり霜か!季節の変わり目を一つ発見するたびに、冬がジワジワと忍び寄ってきているようで、ドキドキします。

「晴れた朝は寒い!」と去年の冬に何度思ったか・・・この朝の冷え方も「冬」かな?

アレ?
カムロの上には雲が全く無かったのに、山学校には雲が沢山!うろこ雲・・・?
でも、雲の位置が低いのよね。ひつじ雲かな・・・?

「うろこ」でも「さば」でも「いわし」でも『秋』の雲ですが、「ひつじ」は?

回り込み解除

厚い雲に覆われた鬼首。朝から一向に明るくなりません(:-<)
でも、いつもの景色に一安心。カムロに少しの冠雪が見えるだけでした。

寒くなります!という天気予報に覚悟をしていた為か、今朝はそれ程でも・・・違いと言えば・・・寒さで顔が痛い通勤は、今季初めてかもしれません。

どんよりな曇り空で気分も(:-<)
そんな重い空気を吹き飛ばす為に、先週末の明るい様子を!

轟付近の川沿いをプラプラ。
山はドコから見ても当たり前に山ですが、川から眺めると何かが違うように思います。
・・・何だろう? 距離感?奥行き?
動の川に、静の山。
山の雄大さが際立つのかな?

蒼々とした夏の荒雄川が好きですが、雑多な秋も面白いです(:->)冬支度を始めた植物はひっそりとして、川の水も少ないので、色々なモノに目がいきます。
水の流れ、削れた石、川幅・・・でも、遠くても、終わりがけでも、やはり紅葉には惹きつけられてしまいます(:->)この輝きもあと少し・・・名残惜しいな~そうだ!鬼楽里ふるさと「鬼首の秋探訪フォトラリー」にはどんな作品が集まったのかしら?

他の人が撮った写真を見るのも面白いですよね(:->)
自分とは違う視点。
同じ風景でも、同じように見えていないんだな。
他の目から見た、美しい鬼首の秋・・・気になります。
気になります。何度通っても、気になります。
アップで見ると一層、気になります。
このタップリな愛嬌はドコから感じるのだろう?
21日の鳴子温泉郷の地酒・大集合!&ライブ「おんがく酒房『五湯遊覧』でココ、鬼首山学校にお越しの方は、是非、この橋まで散策してみて下さいね。同日、21日(日)は鬼首「山の文化祭」も開催されます!
鳴子の地酒を味わう前に、鬼首山学校 最寄りのバス停「鬼首学校前」から歩いてすぐ!の基幹集落センターで、鬼首を味わってきてください!

第2回鬼首 『山の文化祭』
 日時 : 平成22年11月20日(土)~21日(日)
       午前9時~午後4時
 会場 : 鬼首基幹集落センター

アラ?気になっていた「鬼首の秋探訪フォトラリー」の発表展示もありますよ!
鬼首地区民による作品展、鬼首とっておき写真展、それに実演コーナー「木魂の会」に「鬼そば道場」、「やまが旬の市」などの地場産品販売も!

第1回、山の文化祭の様子はこちら。実演はコチラ。そうそう、3月の終わりなのに、雪でした・・・前後のページをご覧ください。
山の文化祭、詳細については鬼首地区公民館 0229-86-2206 まで。

回り込み解除

週末の県内ニュースで、スキー場の話題がありました。
「早く雪が降って欲しいです!」と元気良くインタビューに応える小さな女の子。
・・・ウ~ン、素直に同感できないな・・・
「スキー場」には、早く沢山の雪が降って欲しいです(:->)

因みにオニコウベスキー場は12月18日オープン予定です。

今日の天気予報には近県で雪マークが出ていただけに、ココも非常に気になりますが、まだ晩秋です。落葉が目立ちますが、暗い背景に光る紅葉が映えます。

ススキも輝いています(:->)
紅葉終盤だからこそ、楽しめる風景もあるはず。峰だけがズラッとオレンジ。

鳴子ダムから眺める山肌も、落葉で隙間が出来てきました。でも、光を浴びると、まだまだ赤いです(:->)まだ秋ですよ。まだ蕎麦の収穫中だし、山も白くないし、紅葉が始まったばかりの木もあるし、秋の実がなっているし・・・しかし!ココで足掻いても、季節は進み、秋が終わりに近付いていることは明らか・・・
これが雪や氷で真っ白になると、とても美しい別世界が広がるのですが、待ち遠しくは・・・
「観光」には冬が絶景です(:->) 観光では是非、真冬の鬼首へ ♪

カレンダー

10 | 2010/11 | 12
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

プロフィール

鬼首山学校

Author:鬼首山学校
廃校となった元・鬼首中学校木造校舎を利用し、イベントや体験をとおして鬼首の緑豊かな自然と人々をつなぐ、そのお手伝いをしています。

最新記事

行事予定

5/21 鬼首菜の花まつり
5/27 やまが旬の市開店
5/27 鬼首ワンデーマーチ
5/28 禿岳山開き

お知らせ

山学校Facebookページでは、ブログのこぼれ話や裏話などなど、日常の様子をゆるくお伝えしております♪ ⇒ 山学校Facebook

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

リンク

広告

検索フォーム

QRコード

QR

天気予報

アクセス