鬼首山学校
  • 2009年10月

回り込み解除

回り込み解除

鬼首はお天気続き。鳴子の米・ゆきむすびも脱穀が盛んです。田んぼから、藁が運ばれてきました。この藁を上に ~ あげる!あげる!あげる!あげる!ここで藁の乾燥を保ちます。藁の積み方も大切です。端の積み方一つで崩れないようになります。なるほど(:->)
「ゆきむすび」と言えば「鳴子の米プロジェクト」です。その鳴子の米プロジェクトをモデルにNHK仙台放送局が昨年制作したドラマ「お米のなみだ」が東京ドラマアウォードにてローカル・ドラマ賞を受賞!その記念に再々再々再放送されます!このドラマをきっかけに農と食を大切にする気持ちが芽生えることと思います。是非、ご覧ください。
 NHKドラマ「お米のなみだ」 
NHK総合テレビ(東北ブロック)11月3日(火・祝日) 午前8:35~

回り込み解除

鬼首、きつね森も紅葉がキレイです。只今、「こんこんかん」の外壁を修理中ほぼ廃材でできた「こんこんかん」を、譲って頂いた杉でリニューアル。ログハウス風?完成が楽しみです(:->)
そうだ!きつね森のキノコはどうかしら?前回、収穫したのは2日前だから無いかな?!!初めて見る、なめこ!生えている時からツルツル、ピカピカ!やっぱり不思議。

回り込み解除

ここのところ、鬼首では毎日のようにキノコが話題にのぼるのに、山学校のキノコ、ムラサキシメジは出てこないのね(:-<)あれ?良く見たら、カワイイきのこが出ていました(:->)ムラサキシメジは菌床の山から出てこないのね、道理で気づかないはずだ。これからが楽しみな山学校キノコたち(:->)

回り込み解除

ツタの紅葉もキレイです。山学校裏庭にもかわいいツタが。まるで木にデコレーションされているよう(:->)アッ!実がついている!これは「カラスウリ」。赤くなるまで待っていたらあれ?黄色いから、黄烏瓜?しばらくしたら、お隣のように枯れてしまうのかな~カラスは食べないのよね、きっと。

回り込み解除

鬼首・きつね森にて、鬼首地域の森を案内する人材の育成研修が行われました。これは「これは方言名ガザキ、タニウツギです。ピンクの花が咲きますが、棺桶に入れていた風習があるので、この花をキレイという人は少ないです。この花が咲くと、ワラビが採り頃だと言われます。」すすき野原・ガザキ切りの際に、かわいい花だなと思っていたのは、私だけ?他にも聞いてみると、やはり、「好きではない。”ガザキが咲くと虫が出る”とも言われるよ」・・・キレイなのにね(:-<)
「これはオヤマボクチです」「雄山火口。葉の裏の綿毛を取って、火縄銃の火種にしていた事が名前の由来です。方言では、葉っぱがゴボウに似ている事から”ゴボッパ”と呼びます。本来、草餅はこの新芽を使いました。」へぇ~、草餅か~(:->)食に関する事は身近なので、より一層興味がわきます。「ワラビとゼンマイだけはバッチリ覚えたよ!」との声も。「食べられる物を徹底的に覚えるのも一つですね。環境問題をテーマに案内するなら、ドングリの話などが良いでしょう」
植物に関する色々な話をしながら、きつね森・山頂に到着!ん?!看板が?!「クマですね~」クマ!?「一息に剥がされたようですね」良く見ると、壊れた部分にクマの毛が!山には危険も沢山あります。
研修後はきつね森の整備です。ここから見える景色はどんなに素敵なんだろう。秋は茶色のドングリの木、コナラの葉は、新緑が緑銀色に見えるそう。緑銀色ってどんな色?今から楽しみです(:->)

回り込み解除

鬼首・荒雄湖畔公園も紅葉が見頃です(:->)恋人岬に向かって散策路を歩くとキレ~イ(:->)ウットリ(:->)こんなロマンティックな景色の中でも、恋人岬の鐘はやっぱり、和風に響きます♪

回り込み解除

鬼首の紅葉は山から降りてきました。他よりゆっくりかな?と待ち遠しかった「地獄谷」にも紅葉前線到来です(:->)これから見頃を迎えます(:->)

回り込み解除

今日の鬼首は気持ち良く晴れました(:->)今週の暴風雨で校庭には枯れ葉が沢山舞い散っていますが、校門は紅葉が見頃です(:->)校庭は赤いです(:->)裏庭は黄色です(:->)正面玄関は雨風に耐えた葉っぱは、より美しいです(:->)

回り込み解除

鬼首山学校・木工室にて、「やなぎの箸をつくろう」鳴子の木を使った器づくり研修がNPO法人 鳴子の米プロジェクト主催で行われました。講師は木工ろくろの第一人者である、木工デザイナー、アトリエ・ときデザイン研究所主宰の時松辰夫氏。「間伐材なども活かせば立派な資源です。こんな曲がった木でも箸になります。」ほぉ~。今日はやなぎの木ですが、何の木でも良いそうです。箸の出来上がりが24cmなので、25、26cmに切った枝を煮て殺菌し、長持ちさせる為に皮を剥ぎます。それを真っ直ぐな棒にくくりつけて曲がりを無くし、乾燥させます。自然乾燥では2カ月程かかるので、今日は電子レンジでスピード乾燥。曲がりと乾燥を入念にチェック。真っ直ぐに伸ばしながら乾かす事は難しいです。焦げないように、電子レンジは1回30秒。位置を変えながら何回もレンジにかけます。先生の指示を受けながらも煙を出してしまった困った助手の私です(:-<)
乾燥したら、先をベルトディスクサンダーで削ります。軽く押さえるだけで簡単に削る事ができます。24cmに揃えた後に逆の端も削って角を落とします。
最後にやすりをかけます。ドリルに挿した箸が曲がっていると危険!箸が暴れます。今回はここまで。次回まで箸を真っ直ぐに枯れさせて丈夫にします。「乾燥する」と「枯れる」は違います。来月は塗装です。
こちらは時松先生の作品。美しい食器で頂く食事はより一層おいしいです(:->)これを生業にするには、まず作業を体に覚えさせなければ!山学校・木工室に毎日通う?

回り込み解除

荒れるお天気が続く鬼首ですが、日中は何とか晴れ、鬼首地域づくり委員会等主催により『東北最大級!?すすき野原を行く』鬼首大自然トレッキングが開催されました。スタートのオニコウベスキー場付近もススキ野原ですが、東北一を目指すススキ野原は、禿岳の麓。曇り空の下でもキラキラ光っています。市営牧場からもススキ野原が良く見えます。牛がカワイイ!緑もキレイ!景色を楽しみながら、ゆっくり歩きます。紅葉もキレイ!後ろに見えるカムロ岳は「禿」岳だけに木が無いのかな?不動明王から山々や鬼首の街並みを眺めながら、ひと休み。約10kmのトレッキングコースも美しい自然に囲まれて、お話しながら歩けば楽しくて、疲れを感じない??休憩中も明るい声が野原に響き渡ります。風にそよぐススキは音も美しいです(:->)

カレンダー

09 | 2009/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

プロフィール

Author:鬼首山学校
廃校となった元・鬼首中学校木造校舎を利用し、イベントや体験をとおして鬼首の緑豊かな自然と人々をつなぐ、そのお手伝いをしています。

最新記事

行事予定

3/25 馬搬公開(荒雄湖畔公園)

お知らせ

山学校Facebookページでは、ブログのこぼれ話や裏話などなど、日常の様子をゆるくお伝えしております♪ ⇒ 山学校Facebook

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

リンク

広告

検索フォーム

QRコード

QR

天気予報

アクセス